Green Life Design

Green Life Design is long life design

住まいとくらしの健康

渋谷UPLINKで『かみさまとのやくそく』を夫婦で観てきた件

渋谷UPLINKで『かみさまとのやくそく』を夫婦で観てきた件

30代後半にして『自宅で出産をしたい!』と言い出した妻と話し合いを重ねた結果、助産院での出産となりました。
現在、9歳になる我が家の息子が生まれたのは神奈川県相模原市の津久井湖に程近い『つくい助産院』

妻はお腹の赤ちゃんとじっくり対話しながら出産を迎え、自然に任せたスタイルで出産したかったのだそうです。
このチャレンジにじっくり向き合って下さったのが、つくい助産院の院長先生、長愛子先生です。

育児指導はもちろん助産院出産の心得や逸話などなど、愛子先生には出産に関することをたくさん教えて頂きました。
その中の一つに、

『赤ちゃんは授かり物ではなく、預かり物』

というお話しがありました。・・・どういうことか?愛子先生は教えてくれました。

『我が子を自分の所有物の様に勘違いしている親がいるけどそれは大間違い。赤ちゃんは神様から預かっているだけなのだから、1人の人格として大事に大事に向き合わないといけないんですよ。』

この言葉が僕の中に今でも強く明確に残っていて、生まれる前から今に至るまで、息子と向き合う時の基本姿勢になっています。

そんな僕に、ある友人がドキュメンタリー映画『かみさまとのやくそく〜あなたは親を選んで生まれてきた〜』を紹介してくれました。
話しを聞いて僕は直ぐに観に行きたくなり、渋谷UPLINKに行ってきましたので、紹介したいと思います。

『かみさまとのやくそく』ってどんな映画?

あなたは、おなかの中の赤ちゃんの記憶=『胎内記憶』という考え方があると聞いて、信じることができますか?

僕は息子が9歳6ヶ月ですから、約10年前に『胎内記憶』という話を聞いたとき、不思議と素直に何の疑いもなく聞き入れることができました。
古くから赤ん坊は何も分からないし何も覚えているはずがない、と思われてきました。

この映画は、生まれてからの記憶ではなく、おなかの中の胎児の段階での記憶、またはそれ以前の中間性や前世における記憶と子育ての実践をテーマにしたドキュメンタリー映画です。
スピリチュアルな演出は一切なく、音楽もナレーションもありません。
カメラはクリア且つストレートに『胎内記憶』について深掘りしていきます。

『かみさまとのやくそく〜あなたは親を選んで生まれてきた〜』は、『胎内記憶』を語るこどもの言葉一つ一つ、表情の一瞬一瞬を垣間見ることで、大切な何かを感じ取ることができ、これまでと全く違った生き方へ再出発できる、そんなドキュメンタリー映画だと思います。

人の役に立つために生まれてきている

映画の中でインタビューに答えるこどもたちはみな口を揃えて言います。『人の役に立つために生まれてきた』と。
僕らは必ず生まれてくるからには、役割を担って生まれてきている。人の役に立つため、人を幸せにするため。
映画の中で子どもは言います、お母さんを選んで生まれて来たと。

そして、その時の神様とのやり取りや周りにいるお友達とのやり取りまで覚えていると、かみさまのところからお母さんのところに来るまでの様子を描きながら説明してくれるのです。
選んだお母さんを先ず最初に幸せにすること、お母さんの役に立つこと、幸せになってもらうことを、かみさまとやくそくして来ているんだと。
ただただお母さんに笑顔になってもらいたいだけ、その為に自分はお母さんを選んで生まれてきたと。

子育て中のパパ・ママへ、池川明先生からメッセージ

映画の中でこどもと向き合い『胎内記憶』についてお話してくれているのは、胎内記憶研究の第一人者池川明先生。
『お母さんが幸せになることが子どもたちにとっての一番の幸せ』と池川先生はいいます。
子どものため!といって一生懸命お掃除洗濯、お買い物・・・。
気が付けば目をつり上がらせてごはん支度をして、晩ご飯の時にはクタクタになって笑顔一つない食卓。。。
こどもはアレもコレもして欲しいなんて思っていない、簡単なごはんでも笑顔で美味しいね!っていってくれるお母さんでいてくれることが一番の幸せだ、と。

映画の中で、『胎内記憶』を通して、池川明先生が丁寧に解説してくれます。
まるで『胎内記憶』というかたちで『あかちゃんのきもち』を代弁してくれているようで、池川先生のことば一つ一つがとても優しくそして暖かく感じられます。

我が家の息子も1歳の頃は、いつでも抱っこし続けていないといつまでも泣いて泣いて泣き通しの時期があったと妻はいいます。
子育てを妻に任せきりだった自分自身を恥ずかしくも思いました。

子育て中にはいろいろなことがあります。
いろいろ大変なことがある中で、一生懸命子育てを頑張っているお母さん・お父さんに、この映画の中の池川明先生の言葉を是非是非聞いて欲しいです。
特に子育て中のお母さんは孤独感を感じることが多いと思います。
自分自身を認めてもらえる感覚、応援してもらえる感覚を池川明先生の優しい言葉で充分味わってそして癒やされて頂きたいと思います。

Green Life Design的『こどもとの向き合いかた』28のアイディア

助産院出産に話しが落ちついたある日、妻から是非読んで欲しい本がある言われ『胎児はみんな天才だ!』という本を手渡されました。
この本の紹介はまた別の機会にさせて頂くとして、この本に書かれている様に僕もおなかの赤ちゃんに向かってどんどん話しかけたし、絵本を読み聞かせたりもしました。
『ただいま!お父さんだよ!元気にしてたかな?ごはん食べたら絵本読んであげるからね!』といった調子でした。

『オレが話しかけたから蹴ったんじゃない?!』
『そうかしら?私の声で蹴ったんじゃないかしら?』

33で結婚し、30代後半にしてようやく授かった喜びに、幸せを噛みしめる毎日でした。
もちろん、この時は『かみさまとのやくそく』という映画も知らなければ、少なくとも僕自身は池川明先生の存在すら知りませんでしたが、今当時を振り返って思い返してみれば、妻に言われるままに、池川明先生流の胎児との向き合いかたを地で実践できていたのではないか、とも思えます。

身体も心も住まいも環境も、そして経済的にも将来的にも、全てにおいて健康的で楽しい毎日の暮らし方をデザインしていくGreen Life Design!という発想。
子育て世代のお父さんお母さんにとって、あなたのGreen LifeDesignしていく上で『こどもさんとの向き合いかた』はとっても大きなウェイト占めることでしょう。
ここで、池川明先生やつくい助産院の長愛子先生などから学んだエッセンスを基に、Green Life Design的『こどもとの向き合いかた』についての28のアイディアをご紹介します。
このアイディアを実践することで、今のところ我が家ではこどもも含めてGreen LifeDesignできつつあると実感しています。
それぞれのアイディアの深掘りと解説については、また別な機会にまとめて投稿させて頂くとして、今日のところは以下の各項目を読んで頂くことで、あなたにとって『こどもさんとの向き合いかた』の参考にしていただけたら嬉しい限りです。

1.胎内記憶を信じてみる
2.かみさまを信じてみる
3.子どもは自分のものではなく、かみさまから預かっている大事な人格だと理解してみる
4.おなかの赤ちゃんにお父さんの存在をアピールする努力をしてみる
5.おなかの赤ちゃんに絵本を読んであげる
6.(条件次第だが)助産院での出産も検討に加えてみる
7.パパは必ず出産に立ち会う
8.『パパでちゅよ〜!』といういわゆる『赤ちゃん言葉』を使わない
9.どうせ分からないだろうを一旦捨ててみる
10.表現が苦手なだけと理解して『とことんまで話しを聞いてあげる』努力をしてみる
11.子どもよりも先に先ずは自分が幸せでいいんだ、と理解してみる
12.ママはパパを、パパはママを、子どもに『陰褒め』しまくる
13.怒らずにじっくり聞いて本人に気付かせる・・・ように努力する
14.こどもと一緒に遊ぶときはこどもより自分自身が一番楽しむ
15.わざと負けたり手加減したりしない
16.こどもの前で夫婦げんかをしない
17.夫婦で良く話しをする
18.こどもと一緒に結婚式のビデオを観る
19.ダメな親・だらしない親でも健康で元気で楽しいが一番!と考える
20.『ごめん!』が口癖になるくらい、こどもにもすぐに誤っちゃう
21.スキンシップを忘れない
22.『末は博士か大臣か?』を地でやり続ける
23.良くも悪くも敢えてお金の話しをする
24.殺人事件などのニュースを見せない
25.コンピューターゲームにはできるだけ触れさせないように努力する
26.こどもの夢とパパ・ママの夢について、こどもと一緒に語り合う
27.『〜になりたい』だけでなく、『なぜ〜になりたいのか、〜になって何をしたいのか』について話す
28.『いのちの尊さ』や『いのちの使い方』について話し合う

まとめ


『子育て』というテーマや話題について僕は大好きなのですが、専門的な立場や考え方が様々あると思います。
僕はセラピーやNLPについては学んではいるものの、教育については職業的にはプロではありませんが、実践においては現在進行形の実践派であることは間違いありません。
この先もこどもの成長に併せて、我が家におけるお勧めアイディアを増やしていきたいと思いますので、参考にして頂けそうなアイディアがありましたら是非チャレンジして頂けたら嬉し限りです。

先ずは、『かみさまとのやくそく』という自主上映のドキュメンタリー映画を観てきて下さい。
あなたがこれから出産を迎える方であればもちろんですが、子育て中や子育てを終えたお父さんお母さんも是非!
上映スケジュールはこちらになります。

また、ご意見やご感想、ご質問などなど、可能な限りお答えしていきたいと思いますので、お気軽にお問合せ下さい。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


『住まいづくりと暮らし方のパラダイムシフト』 Green Life Design がお手伝いします。

『住まいづくりと暮らし方のパラダイムシフト』
 Green Life Design がお手伝いします。

お気軽にご相談下さい。
☎ 042-682-4103

家族のために【健康ライフ】を送りたい方も
お客様に【健康ライフ】をお届けしたい方も
あなたのご相談・お問合せをお待ちしております。


Green Life Design 株式会社
〒192-0373 東京都八王子市上柚木1284-7
tel/042-682-4103
fax/042-676-3416
mail/info@greenlifedesign.co.jp
営業時間/9:00~18:00
定休日/毎週日曜日、第2第4土曜日
代表者/赤松 武(Takeshi Akamatsu)
お気軽にご相談下さい。☎ 042-682-4103